修正済み:Windowsは指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません

プログラムを起動したり、ファイルを開こうとすると、「Windowsは指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません」というエラーメッセージが表示されることがあります。この記事では、このエラーが発生する理由を説明し、この問題を解決するための7つの実用的な方法を提供します。

Asher

投稿者:Asher/更新日:2023年05月15日

この記事を共有: instagram reddit

エラー:Windowsは「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません」

ファイルを開く/変更/削除する、またはプログラムをインストール/更新/開始しようとすると、次のスクリーンショットのように、Windowsは「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません」というエラーメッセージが表示される場合があります。

指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません

ファイルやプログラムに対して何もできなくなることを意味するので、なんと厄介なことでしょう。この問題は何が原因なのでしょうか?このエラーメッセージを取り除くにはどうしたらいいのか?まずは、よく聞かれるこの2つの質問から始めましょう。

Windowsが指定されたデバイスにアクセスできない理由

一般的に、Windowsが指定されたパスにアクセスできない問題を引き起こす可能性のある理由は様々です。ここでは、最も可能性の高いものをリストします。

★ ファイルにアクセスする権限がありません。

★ ファイルの場所が存在しないか、アクセスできません。

★ ファイルはWindowsによってブロックされています。

★ ウイルス対策ソフトがファイルへのアクセスを妨げている可能性があります。

★ ファイルが破損している、移動されている、または削除されています。

★ プログラムのショートカットは破損しました。

原因がわかった後、この問題を解決するには、以下の解決策を試してみる価値があります。続けてお読みください。

Windowsが指定されたデバイスにアクセスできない修正方法

ここでは、この問題に対する5つの解決策を紹介します。アイテムに正常にアクセスできるようになるまで、1つずつ試してみてください。

解決策1. ファイルまたはフォルダのアクセス許可を確認する

Windowsが指定されたデバイスにアクセスできない問題に遭遇した場合は、まず、対象ファイルに許可が必要かどうかを確認する必要があります。特定のアクセス許可が必要なファイルには、直接アクセスできません。以下の手順に従って、ファイルまたはフォルダのアクセス許可を取得します。

ステップ 1. 操作するファイルまたはフォルダを右クリックし、「プロパティ」>「セキュリティ」タブを選択します。

ステップ 2. 「グループ名またはユーザー名」セクションで、自分の名前をクリックして、自分が持っている権限が表示されます。その後、「編集」を選択します。

グループ名またはユーザー名

ステップ 3. ポップアップウィンドウの「アクセス許可(P):SYSTEM」欄で、必要な権限の「許可」のチェックボックスをオンにして、「OK」を選択します。

アクセス許可を確認

その後、これまで開けなかったファイルにアクセスできるようになる可能性が高いです。

解決策2. ファイルの場所を確認する

存在しない、アクセスできないファイルの場所は、Windowsが指定されたデバイスパスまたはファイルにアクセスできないという問題が発生する可能性があります。例えば、ネットワークドライブや移動可能なドライブにあるファイルにアクセスしようとしているとき、コンピュータに接続されていない場合、確かにエラーメッセージがポップアップ表示されます。

したがって、次の手順でファイルの場所にアクセスできるかどうかを確認してください。

ステップ 1. ファイルのショートカットを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

ステップ 2. ポップアップウィンドウの「ショートカット」タブで、「リンク先」セクションのパスが使用可能かどうかを確認します。

ファイルの場所を確認

解決策3. ファイルのブロックを解除する

場合によっては、Windowsがコンピュータを保護するために、ファイルをブロックしていることがあります。Windowsが指定されたパスにアクセスできない問題を解決するには、以下の手順を試して、ファイルのブロックを解除することができます。

ステップ 1. 問題のあるファイルを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

ステップ 2. 「全般」タブで「ブロックの解除」にチェックを入れ、「OK」をクリックして操作を確認します。

ファイルのブロックを解除

解決策4. ウイルス対策ソフトウェアを一時的に無効にする

ウイルス対策ソフトウェアが、疑わしいプログラムやファイルの実行が妨げられることがあります。これは、Windows が指定されたファイルにアクセスできない理由を説明しています。したがって、一時的に無効にすることは、この問題を解決する効果的な方法です。

ステップ 1. 「Windows + R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログを開き、ボックスに「msconfig」と入力して「OK」をクリックするか、「Enter」を押してシステム構成を開きます。

ステップ 2. 「システム構成」ウィンドウで、「スタートアップ」タブに移動し、「タスクマネージャーを開く」をクリックします。

タスクマネージャーを開く

ステップ 3. 次に、ウイルス対策プログラムを見つけて選択します。次に、右下の「無効にする」ボタンをクリックするか、右クリックして「無効化」を選択します。

ウイルス対策ソフトを無効にする

解決策5. ファイルが移動または削除されていないことを確認する

「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません」エラーメッセージは、誤操作やウイルス感染などでショートカット先のファイルが移動したり削除された場合にも表示されることがあります。問題の場所に移動し、ファイルが存在することを確認してください。解決策2と同様、「プロパティ」の「リンク先」で確認しできます。

解決策6. ショートカットを作成し直して破損していないかを確認する

このエラーメッセージは、ショートカット元のファイルまたは他の形式のファイルが破損している場合にも表示されることがあります。ショートカットを作成し直すことにより、破損しているかどうかをチェックできます。ファイルを右クリックして「ショートカットの作成」をクリックします。

ショートカットの作成

アプリケーションまたは他の形式のファイルが破損している場合は、問題を解決するためにアプリケーションを修復しなければならないことがあります。

解決策7. 削除、移動、破損してしまったファイルを復元する

上記の方法が機能しない場合、Windowsは「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません」というエラーが表示される原因は、ファイルの削除である可能性があります。ファイルにアクセスするには、最初にファイルを復元する必要があります。

失われたデータを安全に回復するために、AOMEI Partition Assistant Professionalというインテリジェントなデータ回復ツールを利用することができます。これは、Windows 11/10/8/7/XP/Vistaユーザー向けのユーザーフレンドリーなプログラムで、HDD、SDD、USBフラッシュドライブ、SDカードなどの異なるドライブから削除したビデオ、写真、Word、Excel、および他のファイルタイプを復元するために使用することができます。

ここでは、Windowsが正常にアクセスできないファイルを復活させるためのステップバイステップガイドを紹介します。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

ステップ 1. このAOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。メインインターフェイスで、上部の「復元」欄から「データ復元」をクリックしてください。

データ復元

ステップ 2. Windowsデータの復元ツールを実行します。ソースドライブ(ファイルが利用できない場所)を選択し、「スキャン開始」をクリックします。

スキャン開始

ステップ 3. スキャン後、削除されたすべてのファイル、ごみ箱、およびその他の欠落ファイルが表示されます。ファイル名、拡張子、サイズ、タイプ、変更日、パスなどを使用して、失われたファイルを検索できます。

ステップ 4. 次に、「削除されたファイル」や「ごみ箱」などの元の場所を見つけ、復元するファイルを選択して、「復元」をクリックします。

復元

ステップ 5. PC上のフォルダパスを選択して、復元されたデータを保存し、復元プロセスの終了を待ちます。

復元

ここで、ファイルまたはプログラムを再度開いて、Windowsが指定されたパスにアクセスできない問題が解決されたかどうかを確認できます。

結論

以上、Windowsは「指定されたデバイス、パス、またはファイルにアクセスできません」という問題の理由と解決方法についてです。このページでは、このエラーの発生がさまざまな要因によって引き起こされること、および問題を解決するための7つの有用な方法があることをご理解いただけたと思います。

ところで、未知の理由によるファイルのアクセスを防ぐために、ファイルのバックアップを取ることを強くお勧めします。AOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、重要なファイルを別のドライブに移動したり、Windowsハードディスクのクローンを作成したりして、すべてのファイルをバックアップすることができます。

Asher
Asher・編集者
Asherは、AOMEI Technology会社の編集者として長年AOMEI製品についての記事やコンピュータに関する記事を翻訳したり、書いたりしています。パソコンの基礎知識とか、AOMEI製品の機能(例えば、ディスクとパーティション管理、ディスクのクローン、バックアップ&復元、同期など)について詳しいです。 IT業界に対して深い興味を持っています。そのほか、旅行、アニメ、音楽、色々なことに趣味があります。