OSなしでデータを保持したままGPTをMBRに変換する方法

Windows OSのインストール中にエラーが発生した場合は、データを失うことなくGPTからMBR(またはMBRからGPT)に変換する方法を見つけることができますか?ここでは、OSなしでデータを保持したままGPTからMBRに変更する方法を2つ提供します。

ひとみ

投稿者:ひとみ/更新日:2024年06月04日

この記事を共有: instagram reddit

GPTをMBRに変換する理由

Windows 8オペレーティングシステムがインストールされたコンピュータを持っていますが、Windows 7に変換するつもりです。しかし、Windows 7をインストールしている途中に、パーティションをフォーマットするときに、パーティションがGPT形式であることが示されました。GPTをMBRに変換する必要があることを意味します。

どうすれば、OSなしで、データを失わずにGPTをMBRに変換するのですか?

-あるユーザーからの質問

実は、ユーザーがGPTディスクをMBRディスクに変換したり、MBRをGPTディスクに変換したりする多くの理由があります。例えば、Windows 32ビットOSはMBRディスクからのみブートできるため、Windows 32ビットOSをインストールする前に、GPTをMBRに変換する必要があります。

★他の理由:
互換性の問題: 一部の古いコンピュータシステムや古いオペレーティングシステムはGPTをサポートしていないことがあります。MBRはより広くサポートされているため、これらのシステムでの互換性を確保するために変換することがあります。
ブートローダーの制約: 特定のブートローダーがGPTを正しく処理できない場合があります。MBRに変換することで、ブートプロセスの問題を回避できる場合があります。
特定のアプリケーションの要件: 一部のアプリケーションやツールはMBRを前提としている場合があります。GPTからMBRに変換することで、これらの要件を満たすことができます。
過去のハードウェア/ソフトウェアとの組み合わせ: 過去に使用されていたハードウェアやソフトウェアとの互換性を維持するために、GPTからMBRに変換することが考えられます。

一般に、Windows OSでは、データディスクからMBRディスクまたはGPTディスクに変換することは複雑ではありません。しかし、シナリオのようにOSなしで、データを失わずにGPTをMBRに変換すれば、ちょっと複雑だと思います。

OSなしでGPTをMBRに変換する方法

方法①:CMDを使用してGPTをMBRに変換する

GPTディスクをMBRディスクに変換するには、Windowsをインストールしているところにタスクを完了することができます。でも、この方法では、ディスクのデータはすべて失うことになります。

ステップ 1. まず、CD/DVDを挿入し、「Shift + F10」を押してコマンドプロンプトウィンドウを開きます。

コマンドプロンプトウィンドウ

ステップ 2. コマンドプロンプトに「Diskpart」と入力します。

ステップ 3. 「list disk」と入力します。MBRに変換するディスク番号を確認します。

list disk

ステップ 4. 「select disk n」(nは変換したいディスクの番号です)と入力します。

ディスクを選択

ステップ 5. 「clean」と入力します。この操作はディスク上のすべてのパーティションとデータを削除します。それを行う前に、重要なデータをバックアップしてください。

ステップ 6. 「convert mbr」と入力します。選択されたディスクからMBRディスクへ変換します。

方法②:AOMEI PA Proを使用してOSなしでデータを保持したままGPTをMBRに変換する

Diskpartを使用してOSなしでGPTからMBRに変換するのはデータを失うリスクがあります。また、コマンドプロンプトの操作は取り消すことができず、操作中に大きなダメージを与える可能性があります。さて、データを保持したままGPTをMBRに安全に変換するにはどうすればよいですか?まず、ディスクパーティション管理ソフトが必要です。

ディスクパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistant ProfessionalはWindows OSのため最高なディスクマネージャです。パーティションのサイズ変更、パーティションのフォーマット、HDDのワイプなど、HDDの管理に役立ちます。重要なことに、OSなしで、またはデータを失わずに安全にGPTディスクからMBRディスクへ変換することができます。これから、詳しく手順を紹介します。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

🌰パート1. ブート可能なメーディアを作成する

ここでは、AOMEI Partition Assistantを使用してブート可能なUSBメモリーを作成します。Windows ADKまたはWindows AIK(Windows ADKのダウンロード)をインストールする必要があります。システムにWindows AIK/ADKが既にインストールされている場合、AIKまたはADKがインストールされたディレクトリの下にあるWIMファイルを見つけて、手動でファイルパスをボックスに入力する必要があります。

ステップ 1. 動作中のWindowsコンピュータで16GB(より大きくてもいい)USBフラッシュドライブを接続します。

ステップ 2. AOMEI Partition Assistant Proをダウンロードし、インストールし、起動します。「ツール」>「ブータブールCD/USBを作成」を選択します。

ブータブールCD/USBの作成

ステップ 3. 「USBブートデバイス」を選択し、ISOファイルを格納する場所としてUSBを選択し、「続行」をクリックします。

USBブートデバイス

ステップ 4. 次に、USBがフォーマットされるため、重要なデータをバックアップしてくださいと表示されます。完了したら、「はい」をクリックしてください。

USBメモリをフォーマット

ステップ 5. そして、「はい」をクリックした後、WinPEブータブルUSBの作成が開始します。数分がかかるので、少々お待ちください。

開始

AOMEI Partition Assistantを使用してブータブルメディアを作成した後、ブート可能なUSBでコンピュータを起動して、GPTをMBRに変換することができます。

🌰パート2. GPTをMBRに変換し始める

ステップ 1. BIOSでコンピュータをブータブルUSBから起動するように設定します。そして、AOMEI Partition Assistant Proのインターフェイスが自動的に表示されます。

ブート設定

ステップ 2. データを失わずにGPTをMBRに変換するには、ここでHDDを右クリックし、ポップアップメニューの「MBRディスクに変換」を選択します。

MBRディスクへ変換

ステップ 3. 次に、GPTをMBRに変換する操作を確認する必要があるから、「はい」をクリックします。

はい

ステップ 4. その後、メインインターフェイスに戻り、ツールバーの「適用」をクリックします。

適用

AOMEI Partition Assistantを使用してOSなしで、データが失わずにGPTディスクからMBRディスクへ変換することができます。もし、MBRディスクからGPTディスクへ変換したいなら、ポップアップメニューでMBRディスクを右クリック、「GPTディスクに変換」を選択します。詳細はデータを失わずにGPTにMBRを変換することを参照して下さい。

★注意:
GPTハードディスクに4つ以上のプライマリパーティションがある場合、AOMEI Partition Assistantは変換中に4番目のパーティション以降のパーティションを論理パーティションに自動的に変更します。
AOMEI Partition Assistant ProfessionalではブートディスクをMBRとGPTの間で変換することができます。Windows 32ビットOSはMBRディスクからのみブートできるため、変換後にMBRをGPTディスクに変換することはできません。さらに、マザーボードがEFI/UEFIをサポートしていることを確認する必要があります。

まとめ

これで、OSなしでデータを保持したままGPTをMBRに変換する方法がわかりました。ご覧のとおり、AOMEI Partition Assistant Professionalはデータを失わずにGPTにMBRを変換するだけでなく、MBRにGPTを変換することもできます。Windows Serverを実行している方は、AOMEI Partition Assistant Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。

ひとみ
ひとみ・編集者
ひとみは、パソコンに関わるヘルプドキュメント、基礎知識、リソースなどを書いています。そのほか、バックアップ&復元、クローン、ディスク&パーティションの管理などの記事もたくさん持っています。分かりやすく、手順が追いやすい文章を心がけ、ユーザーがトラブルをスムーズに解決できるように工夫しています。専門用語を適切に解説し、異なる知識レベルの読者にも理解しやすい文章を心がけています。信頼性の高い情報を見極め、最新のトレンドやテクノロジー動向にも常に注意を払っています。