ノートパソコンに適したHDDのサイズはどれですか?HDD・SSDの選び方

ノートパソコンのHDDのサイズはどれくらいですか?ノートパソコンに適切なHDDまたはSSDを選択するにはどうすればよいですか?これらの質問があり、ノートパソコンのストレージをSSDにアップグレードしたい場合は、このガイドが解決策になります。

ひとみ

投稿者:ひとみ/更新日:2024年02月27日

この記事を共有: instagram reddit

はじめに

ノートパソコンのデータはハードディスクに保存され、処理されます。適切なサイズのハードディスクを選ぶ方法を理解することは重要です。ノートパソコンのハードディスクをアップグレードする際には、「自分のノートパソコンに適したHDDのサイズはどれであり、どれだけのストレージスペースが必要なのでしょうか?」という疑問が生じるかもしれません。

この投稿では、適切なサイズのノートパソコンハードディスクを選ぶための基本的な知識を紹介します。また、OSや他のアプリを再インストールせずにノートパソコンのハードディスクをアップグレードする方法も学ぶことができます。

ノートパソコンのHDDの物理的なサイズについて

ノートパソコンのHDDのサイズは、物理的なサイズ(何インチ)とディスクのストレージスペースの意味も持つことがあります。理論的には、ハードディスクの物理的なサイズには2つの基準があります:2.5インチと3.5インチです。

ノートパソコンのユーザーは、デバイスに2.5インチのハードディスクを選ぶべきです。デスクトップデバイスには3.5インチのディスクを選ぶべきです。以下に、2つのタイプのディスクの比較を示します。

 

💻2.5インチ

🖥️3.5インチ

📏長さ

100.5 mm (3.95")

147 mm (5.79")

📐幅  

69.85 mm (2.75")

101 mm (4")

🔎高さ

7 mm (0.28")  

26 mm (1.03")

これら2つの基準のドライブのサイズを比較すると、小さい2.5インチドライブが大きい3.5インチドライブの約17%のサイズであることがわかります。3.5インチのハードディスクがノートパソコンで使用されることはほとんどありません。より一般的に使用されるのは2.5インチドライブです。

ノートパソコンに適切なHDD・SSDを選ぶ方法

もちろん、ノートパソコンにはさまざまなタイプやサイズの内蔵ストレージがあります。ノートパソコンのハードディスクを購入する際には、次の2つの要素が非常に重要です:

1. ドライブのストレージ容量

2. ディスクの回転速度

ストレージ容量が大きいハードディスクの方が、容量が小さいものよりも高い性能を発揮します。一般的に、回転速度が速いほど、ドライブの応答性も高くなります。回転数が低いドライブは電力を節約する傾向がありますが、これはほとんど無視できます。

現在、ノートパソコンのハードディスク容量は2TBに達しています。約160GBのストレージ容量を備えたノートパソコンハード ディスクも手頃な価格で入手できます。ノートパソコンに適切なHDD・SSDを探している場合は、通常 500GBと1TBの間で選択できます。

▶ HDDユーザー向け

HDDユーザーの場合、2つの要素を考慮する必要があります:ドライブのストレージ容量と回転速度です。一般に、大きいHDDは小さいHDDよりもパフォーマンスが優れています。

一般に、速度が速いほど、ドライブの感度は高くなります。では、ノートパソコンに適したHDDのサイズはどれですか?これは、特定の使用目的によって異なります。

ノートパソコンに適したHDD

一般ユーザーには、250GBから500GBのハードディスクのサイズが十分です。ほとんどのノートパソコンのユーザーは500GBのハードディスクを使用し、一般的なノートパソコンのセットアップには十分すぎる容量です。

ビジネス用には少なくとも1TBの容量を推奨します。ファイルのサイズが増えており、ノートパソコンのアプリも増えています。一方、オペレーティングシステムは約20GBのハードディスクスペースを使用します。Windows 10は、15GBから20GBのハードディスクスペースを使用します。

追加のストレージ容量が必要な場合、通常はデスクトップコンピュータで複数のハードドライブをインストールできます。

▶ SSDユーザー向け

SSD(ソリッドステートドライブ)は現在のディスク市場で主流となっています。通常のHDD(ハードディスクドライブ)よりも読み書きが速く、作業中には静かで、耐久性もあります。そのため、多くのユーザーはコンピュータにSSDを選び、一部のユーザーは古いHDDをSSDに交換してコンピュータを高速化しています。

M.2 SSD

多くのノートパソコンは現在、256GBのSSDストレージを搭載しており、ホームユーザーに適しています。ビジネスや頻繁に使用する場合は、512GBや1TBのSSDを選択するのが合理的です。128GBのSSDを搭載したノートパソコンの場合、Cドライブの容量が不足する可能性があります。

したがって、HDDまたはSSDのサイズの選択はノートパソコンの使用方法と価格によって異なります。ゲームやビデオ、高解像度の画像など、多くの大きなファイルを保存したい場合は、より大きなSSDを選択する必要があります。

ほとんどのSSDはSATAフォーマットで利用できますが、NVMe、PCIe、M.2などの追加のオプションもあります。NVMeやM.2のSSDは、通常のSATA SSDよりも読み取りおよび書き込み速度が高速です。PCIeフォーマットはグラフィックカードストレージに一般的に使用されます。

ノートパソコンのハードディスクの容量を管理する方法

ノートパソコンのハードディスクの容量を管理するには、Windowsディスク管理ツールを利用することができます。Windowsに組み込まれた「ディスクの管理」は、ボリュームの作成、ボリュームの削除、ボリュームの拡張/縮小、パーティションのフォーマット、ドライブ文字の変更など、いくつかの基本的なディスクパーティションのタスクを簡単に実行することができます。

Windows「ディスクの管理」には、次の2つの異なる方法でアクセスできます。Windowsのスタートメニューを右クリックし、リストから「ディスクの管理」を選択するか、WindowsキーとRキーを押して、「msc」と入力して「Enter」キーを押します。

次に、メイン画面でパーティションまたはディスクを選択し、右クリックします。選択肢のリストが表示されます。メッセージに従って操作を完了します。HDDやSSD、USBメモリ、SDカードを管理することができます。

ディスクの管理

ユーザーは、「ディスクの管理」の基本的な機能を使用してディスクとパーティションを管理することができます。ただし、「ディスクの管理」はドライブ間の容量の移動、データの損失なしでMBRからGPTに変換すること、クラスターサイズの変更、ドライブをフォーマットしないでFATからNTFSに変換するといった高度な機能が欠けています。

現在、「ディスクの管理」が提供しない追加の機能を備えたノートパソコンのハードディスクを管理する必要がある場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードすることができます。

この強力なユーティリティを使用すると、パーティションの拡張、移動、リサイズ、ディスク/パーティションのクローン、ディスクのチェックと修復などを行うことができます。

Proのデモ版Win 11/10/8.1/8/7
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

ケース1. 空き領域の割り当てを通じてパーティションを拡張する

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantを起動して、割り当てるパーティションを右クリックして「空き領域を割り当てる」を選択します。以下のスクリーンショットの通りです。ここでは、Eパーティションをソースパーティションとしてを選択します。

空き領域を割り当てる

ステップ 2. ステップ1の結果として、ポップアップウィンドウが表示されます。Eパーティションからカットする空き領域のサイズを入力すると、この空き領域が直接に宛先パーティション(ここではCドライブ)に追加されます。

空き領域のサイズを入力

ステップ 3. 開始を確認する前に、演算結果をプレビューすることができます。この操作を実行するには、「適用」をクリックしてください。すると、パーティションCが拡張されます。

確認

ケース2. インストールされたアプリを移動してCドライブ上のスペースを解放する

ディスク上に使用頻度の低いプログラムがある場合、Cドライブの重要なストレージスペースを解放するために「アプリ引っ越し」機能を使うこともできます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。「空間を解放」⇒「アプリ引っ越し」をクリックします。

アプリ引っ越し

ステップ 2. 「アプリを移動」と「フォルダーを移動」2つのオプションがあります。ここでは「アプリを移動」を選択します。

2つのオプション

ステップ 3. すべてのパーティションが表示されます。パーティションごとに移行可能なインストール済みアプリの数や容量なども表示されます。どのパーティション上のアプリを移行したいか?そのパーティションを選択して「次へ」をクリックします。

パーティションの選択

ステップ 4. 選択したパーティション上のすべての移行可能なアプリが表示されるので、移動したいアプリと移動先を選択して「移行」をクリックします。

アプリの選択

ステップ 5. 移行中に実行中のアプリを強制終了するという警告メッセージが表示されます。問題なければ「はい」をクリックして操作を実行します。

移行警告

再インストールせずにノートパソコンのハードディスクサイズをアップグレードする方法

現在のサイズが不十分または小さすぎる場合、ノートパソコンのハードディスクをアップグレードすることは一般的です。多くのユーザーは、PCのパフォーマンスと速度を向上させるために、HDDをSSDに交換します。

ノートパソコンのハードディスクをより高速なSSDまたはより大きなHDDにアップグレードする場合は、適切なディスクを選んだ後、AOMEI Partition Assistantの「ディスクをクローン」ツールを使用して古いディスクを新しいディスクに簡単にクローンすることができます。

ここでAOMEI Partition Assistantを使用しHDDをSSDに交換する方法を説明します。

①:SSDをノートパソコンに接続する

まず、ノートパソコンに適切なSSDを選び、SATA-to-USBまたはアダプターを使ってノートパソコンに接続します。忘れずにコンピュータに認識されていることを確認してください。新しいディスクを使用している場合は、ディスクを初期化することを忘れないでください。

SATA-to-USB

②:古いディスクを新しいディスクにクローンする

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして実行します。「クローン」と「ディスククローン」に移動します。

aomei partition assistant クローン

ステップ 2. このウィンドウで、「ディスクの高速クローン」を選択し、「次へ」をクリックします。

aomei partition assistant クローン

ステップ 3. ソースディスクとしてHDDを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

aomei partition assistant クローン

ステップ 4. ターゲットディスクとしてSSDを選択します。SSDのパフォーマンスを最適化して「SSDの性能を最適化」をチェックします。次に、「次へ」をクリックします。

aomei partition assistant クローン

ステップ 5. ここで、ターゲットディスク上のパーティションをフィットまたは編集できます。ターゲットディスクがソースディスクよりも小さいため、最初のオプションはクリックできません。

aomei partition assistant クローン

ステップ 6. 次に、クローン先ディスクからオペレーティングシステムを起動する方法についてのメモが表示されます。「完了」をクリックします。

aomei partition assistant クローン

ステップ 7. メインインターフェースが表示されます。「適用」と「続行」をクリックして、操作をコミットします。

aomei partition assistant クローン

⚠️注意事項
  • 上記の手順の通り、ソースディスクがMBRであるのに対してターゲットディスクがGPTである場合は、クローン後にブートモードをBIOSからUEFIに変更する必要があるため、マザーボードがUEFIブートモードをサポートしていることを確認してください。そうしないと、Windowsが正常に起動しない可能性があります。逆もまた真です。

  • AOMEI Partition Assistant Professionalは、ディスクの一部(特定のパーティション)のみを別のハードドライブにコピーすることもできます。つまり、パーティションを別のドライブにコピーします。HDDからSSDにWindowsパーティションをコピーする場合、「OSをSSDに移行」機能が役立ちます。

③:クローンしたSSDをノートパソコンに取り付ける

最後に、ノートパソコンのハードディスクをSSDにクローンした後、古いHDDを取り外し、クローンしたSSDを取り付ける必要があります。以下に、その方法を示します。

ステップ 1. もし可能なら、電源を抜き、バッテリーも抜いて、ノートパソコンを逆さまに置きます。背面カバーには、いくつかのネジで覆われたプラスチックの切り欠きパネルがあります。パネルが2つある場合は、ハードディスクのシンボルが記されたパネルを取り外します。切り欠きがない場合は、底全体を取り外す必要があります。

ステップ 2. ネジを取り外して、鋭利なものを使って切り欠きパネルをはずしてください。

ステップ 3. パネルを外すと、ハードドライブが内部に見えます。HDDがスクリューでブラケットに固定されている場合は、スクリューを取り外してドライブを取り外します。そして、新しいSSDを取り付けるために同じネジで固定します。

ステップ 4. 最後に、ドライブを覆うバックパネルをネジで固定します。

全てが完了したら、ノートパソコンを再起動し、起動時の画面でESC、F1、F2、F8、またはF10キーを長押しして、BIOSセットアップに入る必要があります。そこで、ブート順序を変更してクローンしたSSDからコンピュータを起動するように設定します。

起動順序を変更

まとめ

この記事では、ノートパソコンに適したHDDのサイズ、管理方法、アップグレード方法について説明しました。自分のノートパソコンにどのハードディスクのサイズが必要かわからない場合は、この記事のヒントを使用して適切なHDDまたはSSDを選択してください。ノートパソコンのハードディスクをアップグレードする必要がある場合は、上記の方法に従ってください。

ひとみ
ひとみ・編集者
ひとみは、パソコンに関わるヘルプドキュメント、基礎知識、リソースなどを書いています。そのほか、バックアップ&復元、クローン、ディスク&パーティションの管理などの記事もたくさん持っています。分かりやすく、手順が追いやすい文章を心がけ、ユーザーがトラブルをスムーズに解決できるように工夫しています。専門用語を適切に解説し、異なる知識レベルの読者にも理解しやすい文章を心がけています。信頼性の高い情報を見極め、最新のトレンドやテクノロジー動向にも常に注意を払っています。