Windows Server 2016システムパーティションを拡張する方法

Windows Server 2016システムパーティションを拡張するにはどうしますか?ディスクの管理、コマンドプロンプト、信頼できるディスクパーティション管理ソフトを使うことができます。AOMEI Partition Assistant ServerでWindows Server 2016システムパーティションを拡張するのはWindows 2016「ディスクの管理」の「ボリュームの拡張」の欠点を補えます。

ひとみ

投稿者:ひとみ/更新日:2024年05月13日

この記事を共有: instagram reddit

Windows Server 2016システムパーティションの拡張について

Windows Server 2016のOSを使用する時、そのパーティションが合理的ではないことを見つけるかもしれません。特に、システムパーティションはデータやアプリケーションを保存するのに小さすぎです。そのため、Windows Server 2016のシステムパーティションを拡張する方法を見つける必要があります。

Windows Server 2016において、システムパーティションの拡張は、重要な管理タスクの1つです。システムパーティションは、オペレーティングシステムやシステムファイルが保存されており、サーバーの正常な動作に必要不可欠です。しかし、データの増加やアプリケーションのインストールなどによって、システムパーティションの容量が不足することがあります。その結果、サーバーのパフォーマンスが低下したり、システムの安定性が損なわれる可能性があります。そこで、システムパーティションを拡張することで、この問題を解決することができます。

Windows Server 2016システムパーティションを拡張する4つ方法

Windows Server 2016において、システムパーティションを拡張する方法は複数ありますが、その中でも特に効果的な3つの方法を紹介します。まず最初の方法は、Windows Serverに標準搭載されているディスクの管理とDiskpartツールを使用する方法です。次に、サードパーティ製のパーティション管理ソフトウェアを利用する方法があります。最後に、一般的な方法として、ディスクのクローン化と交換を行う方法が挙げられます。これらの方法を適切に選択し、システムパーティションの容量を拡張することで、Windows Server 2016のパフォーマンス向上とスムーズな運用を実現できます。

方法1. ディスクの管理でWindows Server 2016のボリュームを拡張

システムパーティションの容量不足は、サーバーのパフォーマンスに悪影響を与える可能性がありますが、ディスクの管理を活用すれば、容易に解決できます。以下に、拡張の手順を5つのステップに分けて説明します。

ステップ 1. Windows Server 2016で、「Windows+R」を押して、「ファイル名を指定して実行」で「diskmgmt.msc」を入力して「OK」ボタンをクリックし、「ディスクの管理」を開きます。

ファイル名を指定して実行

ステップ 2. 「ディスクの管理」で、パーティションDを右クリックし、「ボリュームの削除」を選択します。

ボリュームの削除.

ステップ 3. この操作ですべてのデータが削除されるメッセージが表示されます。「はい」をクリックして確認します。

ステップ 4. その後、システムパーティションCの右側に未割り当て領域が取得されます。Cドライブを右クリックして、「ボリュームの拡張」を選択します。

ボリュームの拡張

ステップ 5. ボリュームの拡張ウィザードが表示され、「次へ」をクリックして続行します。

ボリュームの拡張ウィザード

▶なぜWindows Server 2016ディスクの管理のボリュームの拡張がグレーアウトしますか?

残念ながら、以下のスクリーンショットのように、「ボリュームの拡張」がグレーアウトする状況に遭うかもしれません。ボリュームを拡張できません。なぜそれはグレーアウトしますか?

ボリュームの拡張グレーアウト

Windows Server 2016のシステムパーティションを拡張するために、Windows「ディスクの管理」が「ボリュームの拡張」がありますが、時にそれは成功しないかもしれません。その「ボリュームの拡張」機能には2つの要件があります。

1. ターゲットディスクに未割り当て領域があることです。

2. 拡張したいパーティションに隣接する未割り当て領域がパーティションの右側にあることです。

そうでなければ、上述の状況のように、ボリュームの拡張はグレーアウトします。

方法2. DiskPartでWindows Server 2016のボリュームを拡張

DiskPart.exeツールはWindowsコマンドラインベースのプログラムで、パーティションの縮小、パーティションの削除、パーティションのフォーマットなど、ディスクやパーティションを管理することができます。もしServer 2008のシステムドライブを拡張する予定があれば、このツールを使って拡張することができます。

しかし、DiskPartはディスクの管理と同じ制限を受けます。拡張しようとするパーティションの隣に連続した未割り当て領域が必要です。

ステップ 1. 「list volume」と入力し、ENTERを押します。

ステップ 2. 「select volume x」と入力し、ENTERを押します(xは削除するパーティションの番号です)。

ステップ 3. 「delete volume」と入力し、ENTERを押します。

ヒント:Cドライブの後ろに既に未割り当て領域がある場合、「select volume x」と「delete volume」コマンドを実行する必要はありません。

ステップ 4. 「select volume #」と入力し、ENTERを押します。(#はCドライブの番号です)。

ステップ 5. 「extend」と入力し、ENTERを押します。

Cドライブを拡張

方法3. AOMEI Partition AssistantでWindows Server 2016のボリュームを拡張【データ損失なし】

もし、システムパーティションの右側に隣接した未割り当て領域がないなら、どのようにデータ損失なしにWindows Server 2016のシステムパーティションを拡張しますか?

未割り当て領域がなく、ディスクの管理とDiskPartを使用して、パーティションを拡張することができません。拡張したいパーティションの後ろのパーティションを削除する必要があります。それは削除されたパーティション上のデータが紛失するリスクがあります。

ディスクの管理の「ボリュームの拡張」がグレーアウトする場合、データ損失なしにWindows Server 2016システムパーティションを楽に拡張するために、サードパーティ製のディスクマネージャーであるAOMEI Partition Assistant Serverを使用できます。

システムパーティションの隣に未割り当て領域がなくてもそれはWindows Server 2016システムパーティションの拡張方法を提供します。まず、AOMEI Partition Assistant Serverをインストールして、起動する必要があります。

Serverの無料デモ版Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

🌊オプション1. パーティションを結合する

それで、AOMEI Partition Assistant Serverを使用して、簡単にシステムパーティションを拡張できます。

ステップ 1. まず、直接にC:ドライブを右クリックして、「詳細処理」>「パーティションを結合」を選択します。

パーティションを結合

ステップ 2. 以下のスクリーンショットのように、C:ドライブと隣接したパーティションまたはディスク上のすべての未割り当て領域を結合できます。「はい」をクリックして、このソフトウェアのメインインターフェイスに戻ります。

パーティション選択

ステップ 3. ツールバーにある「適用」をクリックして、操作を実行します。

適用クリック

🌊オプション2. 空き領域を割り当てる

ディスク上に未割り当て領域がない場合、他のパーティションの空き領域でC:ドライブを拡張できます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantを実行します。Dドライブを右クリックし、「空き領域の割り当てる」を選択します。

空き領域の割り当てる

ステップ 2. このウィンドウで、Dドライブから割り当てる空き領域の量を設定し、ターゲットドライブとしてCドライブを選択します。

Cドライブを選択

ステップ 3. Cドライブに空き容量を割り当てた後、結果をプレビューできます。確認後、「適用」> 「続行」をクリックして操作を実行します。

適用

方法4. ディスクのクローンと交換を行ってWindows Server 2016のボリュームを拡張

ディスクのクローンと交換を行ってWindows Server 2016のボリュームを拡張する方法は、システム管理者にとって重要なスキルの一つです。AOMEI Partition Assistant Serverは、Windows Server 2016のボリュームを拡張するために非常に便利なツールです。上述の機能に加えて、ディスクのクローンと交換を行うことで、容量が不足しているボリュームを拡張することが可能です。以下に、AOMEI Partition Assistant Serverを使用したボリューム拡張の手順を詳しく説明します。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantを実行し、Cドライブをを右クリックして「ディスクをクローン」を選択します)。

ディスクコピーウィザード

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、必要に応じてディスクのクローン作成方法を選択できます。ここでは、「ディスクの高速クローン」を選択します。

ディスクの高速クローン

ステップ 3. 大きいドライブをターゲットディスクとして選択し、大きいドライブはSSDのの場合は、「SSDの性能を最適化」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

クローン先のディスクを選択

ステップ 4. ここで、必要に応じてターゲットディスクのパーティションを編集でき、「次へ」をクリックします。

ディスクを編集

ステップ 5. メインインターフェイスに戻り、「適用」>「続行」をクリックしてCドライブをSSDにクローンする操作を開始します。

ディスククローンの確認

まとめ

AOMEI Partition Assistant Serverを使うと、Windows Server 2016のパーティションを柔軟に拡張できます。隣接する未割り当て領域の有無にかかわらず、ボリュームの拡張が可能です。実は、Windows Serverのシステムパーティションを拡張する方法はたくさんあります。例えば、パーティションの拡張のウィザードを使用することです。自分のニーズによって、それらを選ぶことができます。

さらに、このソフトウェアはWindows Server OSだけでなく、Windows PC全般を管理することができます。Windows Server 2022、2019、2012(R2)、2003、Windows 10、8.1、8、7など、様々なバージョンに対応しています。SSDへのServer OSの移行や、MBRとGPTの間でのディスクの変換、ダイナミックディスクからベーシックディスクへの変換など、多様な操作が可能です。

1つのライセンスだけで1つの会社内の無制限のサーバー/PCでこれらの驚くべきディスク管理機能を楽しむために、AOMEI Partition Assistant Unlimitedを試すことができます。

ひとみ
ひとみ・編集者
ひとみは、パソコンに関わるヘルプドキュメント、基礎知識、リソースなどを書いています。そのほか、バックアップ&復元、クローン、ディスク&パーティションの管理などの記事もたくさん持っています。分かりやすく、手順が追いやすい文章を心がけ、ユーザーがトラブルをスムーズに解決できるように工夫しています。専門用語を適切に解説し、異なる知識レベルの読者にも理解しやすい文章を心がけています。信頼性の高い情報を見極め、最新のトレンドやテクノロジー動向にも常に注意を払っています。