SSDにクローンするフリーソフト【2024年最新】

再インストールせずにWindowsまたは他のプログラムをSSDにクローンするにはどうすればいいでしょうか?ご安心ください。この記事では、SSDクローンフリーソフトを使用してOSをSSD/HDDに移行する方法を説明します。

Asher

投稿者:Asher/更新日:2024年05月14日

この記事を共有: instagram reddit

SSDにOSのクローンを無料で作成できるか?

 

SSDにOSを無料でクローン

PC用のSanDiskSSDドライブを購入し、それでインストールするHDDを交換したいです。Windowsを再インストールせずに、SSDにクローンしたいです。SSDクローンフリーソフトウェアがありますか?

- あるユーザーからの質問

SanDisk

SSDクローンフリーソフトとは?

SSDクローンフリーソフトとは、新しいソリューションの一環として注目を集めています。このソフトウェアは、ユーザーが既存のSSDから別のSSDにデータを複製するのを容易にするものです。伝統的なデータ移行プロセスに比べ、クローンフリーソフトは迅速で手軽な方法を提供します。これにより、データ損失のリスクを最小限に抑えながら、新しいSSDへの切り替えをスムーズに行えます。

SSDクローンフリーソフト

SSDクローンフリーソフトの利点は多岐にわたります。まず、時間の節約が挙げられます。通常、大量のデータを手動で転送するには相応の時間がかかりますが、クローンフリーソフトを使用することで、迅速なデータ移行が可能となります。また、ユーザーフレンドリーなインターフェースを持つ多くのソフトウェアが利用可能で、技術的なスキルがなくても簡単に操作できます。

さらに、SSDクローンフリーソフトはデータの完全性を確保します。従来のデータ転送方法では、途中でデータが損失する可能性がありましたが、クローンフリーソフトは確実なデータコピーを保証し、システムの安定性を向上させます。

総じて、SSDクローンフリーソフトは効率的かつ安全な方法でSSD間でデータを移行する手段として、多くのユーザーにとって魅力的なオプションとなっています。

お勧め!2024年最も人気なSSDクローン無料ソフトの紹介

Windows OSを含むすべてのデータ、プログラムを再インストールせずにSSDに移行するには、優れたSSDのクローン作成ツールであるAOMEI Partition Assistant Standardを使うことができます。Windows 10、8、7と最新のWindows 11 OSでHDDからSSDに無料でクローンすることができます。

⭐このソフトは、複数のファイルシステムやデバイスに対応していることです。さまざまなSSDやHDD、そして異なるファイルフォーマットにも対応しており、ユーザーは柔軟かつ幅広く利用できます。特に、Windowsの最新バージョンにも対応しており、最新の技術(例えば、ホットクローン)に追随しています。

⭐シンプルで使いやすいインターフェースを備えておるため、初心者から上級者まで、直感的な操作でSSDのクローン作成が可能です。クローン作成の手順は明確であり、誰でも容易に利用できるため、手軽にクローンを行うことができます。

⭐ディスクのクローン作成については、ユーザー向けに2つのオプションがあります。一つはディスクの高速クローンで、使用済みの領域のみとディスク全体のクローンを作成できるため、大容量ディスクを小容量SSDにクローンすることができます。もう一つはセクター単位のクローンで、不良セクタも含めてディスク全体をクローンすることが可能です。この2つのオプションは、クローン作成中にSSDを調整してパフォーマンスを向上させることもできます。

今、Windows 11/10/8.1/8/7でHDDを簡単かつ安全にSSDに無料クローンする方法について、無料でダウンロードして次の文章を参考してください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7
安全かつ高速
注意:
MBRデータディスクからMBR/GPTに、またはGPTデータディスクからMBR/GTPにクローンする場合、またはMBRシステムディスクをGPTに、またはGPTシステムディスクをMBR/GPTにクローンしたい場合、Professional版にアップグレードする必要があります。
再インストールせずにWindows OSを維持したいが、ソースディスクからすべてのデータをSSDに移動したくないユーザーは、「OSをSSDに移行」機能を使用できます。これは、OS関連のパーティションのみをSSDにクローンできます。

ステップバイステップ:SSDに無料でクローンする方法

準備するもの
新しいSSD(現在のディスクの使用済みスペースより大きい新しいSSDを準備してください。)
シリアルATAケーブル(元の場所と別に設置する場合は必要です。)
マウントキット(ケーブル同様、別の場所に設置する場合は必要です。)
外付けスタンド(ノートPCなど1台しかドライブが設置できない場合は必要です。)

次に、Windows11、10、8、8.1、または7でHDD/SSDをSSDにクローンする方法に関するステップガイドに従って操作します。

ステップ 1. クローン先のSSDをお使いのコンピューターに接続し(SATA-to-USBアダプターが必要になる場合があります)、それが認識されていることを確認します。AOMEIソフトウェアをインストールして実行します。クローン先のSSDを右クリックして、「ディスクをクローン」を選択します。

ディスクをクローン

ステップ 2. クローン先のディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

クローン先のディスクを選択

ステップ 3. すると、クローン元のディスクとクローン先のディスクが表示されます。クローン先のディスクがSSDの場合、「4Kアライメント」にチェックを入れます。そして「設定」をクリックしディスクのレイアウトを編集します。

パーティションのサイズを変更せずにクローン:ソースパーティションのサイズを維持します。
コピー先に合わせる:ターゲットディスク全体に合わせてパーティションのサイズを自動的に調整します。
手動で編集するターゲットディスク上のパーティションのサイズを手動で調整します。

ディスクのレイアウトを編集

ステップ 4. 問題がなければ「確認」ボタンをクリックします。クローンすると、クローン先のディスク上のすべてのデータが消去されます。クローン先のディスクに重要なデータがある場合は、事前にバックアップを作成してください。

確認

ステップ 5. ツールバーの「適用」をクリックし、「続行」をクリックます。

適用

ステップ 6. クローン作成プロセスが始まります。

クローン作成プロセス

❤OSディスクをSSDにクローン後、クローンされたSSDから起動するには、起動順位を変更するか、古いディスクをクローンされたSSDに直接置き換えることができます。

❤クローン作成されたSSDから正常に起動した後、再利用のためにハードドライブとディスクデータを消去することができます。

クローン後のSSDから起動する方法

HDDをSSDにクローンした後、新しいSSDから起動する方法がわからない場合は、読み続けてください。

PCに古いHDD/新しいSSDを1つだけしか搭載できない場合

PCが1つのディスクしか保持できない場合は、古いハードディスクを取り外して新しいSSDを取り付ける必要があります。具体的な手順は次のとおりです。

ステップ 1. 電源を抜き、PCからバッテリーを取り外し、電源ボタンを約10秒間押し続けて、残りの電力を解放します。

ステップ 2. ケースカバーを取り外し、マザーボード上の古いHDDを見つけます。ネジを緩め、古いHDDのプラグを抜きます。

ステップ 3. スロットに新しいSSDをインストールして、ネジを締めてブラケットを固定します。

マザーボード

ステップ 4. 最後に、ケースカバーとバッテリーをラップトップに戻します。電源を接続します。

PCに古いHDDと新しいSSDの両方が搭載できる場合

古いハードディスクと新しいSSDを同時にPCにインストールできる場合は、BIOSに入り、新しいSSDを最初の起動デバイスとして設定できます。具体的な手順は次のとおりです。

ステップ 1. PCを再起動し、起動画面でファンクションキー(ESC、F1、F2、F8、またはF10)を押してBIOSに入ります。

ステップ 2. BIOS設定では、Bootタブに移動し、新しいSSDを矢印キーでリストの最初の位置に設定します。

SSDを矢印キーでリストの最初の位置に設定

ステップ 3. 保存してBIOS設定を終了します。

結論

以上は、SSDクローンフリーソフトでWindowsや他のプログラムを再インストールせずにSSDにクローンする方法とクローンした後に新しいSSDから起動する方法です。さらに、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用すると、いくつかの簡単なステップでMBRをGPT SSDまたはHDDにクローンする問題を解決できます。そのほか、HDDを消去、MBRとGPTディスクの間で変換、論理ドライブとプライマリパーティションの間で変換などの機能があります。

ちなみに、Professional版のすべての高度な機能を備えて、Windows Server 2003、2008(R2)、2012(R2)、2016、2019、2022およびSBS、2003、2008、2011に対応するAOMEI Partition Assistant Server版と社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう!

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。

 
Asher
Asher・編集者
Asherは、AOMEI Technology会社の編集者として長年AOMEI製品についての記事やコンピュータに関する記事を翻訳したり、書いたりしています。パソコンの基礎知識とか、AOMEI製品の機能(例えば、ディスクとパーティション管理、ディスクのクローン、バックアップ&復元、同期など)について詳しいです。 IT業界に対して深い興味を持っています。そのほか、旅行、アニメ、音楽、色々なことに趣味があります。