Windows 10でGPTにフォーマットする方法

GPTパーティションスタイルとは何ですか?MBRとGPTの違いは何ですか?この記事では、そういう議題について説明します。また、ディスクをGPTに初期化する方法、及びデータ損失なしでMBRとGPTの間でディスクを変換する方法を紹介します。

Comnena

投稿者:Comnena/更新日:2023年05月15日

この記事を共有: instagram reddit

Windows 10のGPTパーティションスタイルとは何ですか?

GPTは、HDDまたはSSD用の一種のパーティションスタイルです。ユーザーが新しいディスクをコンピューターに挿入すると、パーティションを作成する必要があります。したがって、ユーザーはディスクを初期化する必要があります。この進行状況では、このディスクのパーティションスタイルを選択します。

Windows 10のGPT形式

写真が示すように、MBRまたはGPTの2つのオプションがあります。最適なパーティションスタイルを選択するには、MBRパーティションスタイルとGPTスタイルの違いを理解する必要があります。

MBRとGPTの違い

一般的に、GPTは比較的新しいパーティションシステムであり、古いバージョンのオペレーティングシステムをサポートすることはできません。したがって、GPTディスクはWindows 7以前のシステム(例えば、Windows 95/98、Windows XP、Windows 2000、Windows 2003)をサポートできませんが、Windows 8、Windows 10、Windows 11、Windows Server 2008、Windows Server 2012、Windows Server 2016、Windows Server 2019およびWindows Server 2022などの他のすべてのWindowsオペレーティングシステムをサポートできます。一方、MBRディスクはWin11以外ほとんどのバージョンと互換性があります。

さらに、MBRとGPTのパーティションスタイルには他にも違いがあります。

  MBR GPT
ディスク容量 2TB 9.4ZB(1ZBは10億TBです)
パーティション作成 最大2TBのボリュームと1個のディスクに最大4つのプライマリパーティション 18EBのボリューム、一つのディスクに最大128個のパーティション
起動モード BIOS UEFI

OSの互換性とは別に、他にもいくつかの異なる機能があります。たとえば、MBRディスクは最大2TBのサイズしかサポートしませんが、GPTは最大18EBをサポートできます。したがって、MBRディスクが2TBより大きい場合、残りのスペースはディスクの管理で未割り当てのスペースとして表示され、新しいパーティションを作成したり、他のパーティションに追加したりするために使用することはできません。さらに、MBRディスクには最大4つのプライマリパーティションを含めることができ、GPTディスクには最大128のプライマリパーティションを含めることができます。

ユーザーはディスクを使用する前にスタイルを選択しますが、初期化が完了した後はパーティションスタイルを変更できないという意味ではありません。いくつかのツールでディスクパーティションスタイルをMBRからGPTに変換することができます。

Windows 10でMBRをGPTに変換する方法

ディスクパーティションスタイルの変換は、多くのユーザーが知っておく必要のある通常のディスクの管理です。ただし、ディスク管理にはさまざまな制限があります。したがって、この記事では、他の方法で(CMDと信頼性の高いツールを使用して)データを失うことなく変換する方法を示す2つの方法を紹介します。

方法 1. CMD/DiskpartでGPTに変更

Windows 10では、Diskpartを使用してGPTディスクにフォーマットする場合、入力するコマンドの1つはディスク上のすべてのデータを削除することであるため、開始する前にバックアップする必要があります。

手順 1. 検索ボックスに「cmd」と入力し、管理者として実行します。

手順 2. 次のコマンドラインを入力し、それぞれの後に「Enter」キーを押します。

diskpart
list disk
select disk x(ターゲットディスクのディスク番号)
clean
convert gpt
exit

DiskpartでGPTを変更

方法 2. 信頼できるツールでGPTに変更

CMDはユーザーにディスクデータをクリーンアップするように要求し、場合によっては変換エラーが発生する可能性があります。データの損失やその他の不便を回避するには、AOMEI Partition Assistant Professionalなどのサードパーティの変換ツールを使用することをお勧めします。データまたはシステムのハードドライブをMBR/GPTに変換できます。さらに、既存のパーティションやデータを削除せずに変換を完了することができます。これで、デモ版をダウンロードして試してみることができます。次に、データを失うことなくシステムディスクをMBRからGPTに変換する方法を示します。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
注意:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 1. AOMEI Partition Assistantをインストールして実行し、ターゲットディスクを右クリックして、「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

手順 2. 「はい」をクリックして、ディスクをMBRからGPTに変換することを確認します。

はいをクリック

手順 3. 「適用」をクリックして操作を開始します。CMDとは異なり、後悔した場合は「元に戻す」をクリックしてキャンセルできます。

適用をクリック

WindowsでパーティションをGPTにフォーマットする方法

通常、パーティションフォーマットはパーティションスタイルを選択する必要があります。ファイルシステムにはさまざまなパーティションスタイルがありますが、Windowsユーザーにとっては、FAT32、exFAT、およびNTFSの方が使い慣れています。通常、ディスクをフォーマットして、Win10の「ディスクの管理」機能を選択する人が多いようです。方法は以下の通りです。

方法 1. ディスクの管理でHDDをフォーマット

ヒント:フォーマットすると、パーティション上のすべてのデータが削除されます。ターゲットディスク上の重要なデータをバックアップしてください。

手順 1. 「ディスクの管理」を開いた後、フォーマットするパーティション(この例ではDパーティション)を右クリックして「フォーマット」を選択します。

フォーマット

手順 2. ポップアップウィンドウでは、ファイルシステムとクラスタサイズを設定します。その後、「OK」をクリックします。

「OK」をクリック

Windowsツールの「ディスクの管理」でディスクをフォーマットできますが、いくつかの制限があります。例えば、32GBを超えるパーティションをFAT32にフォーマットすることはできません。また、内蔵ドライブをexFATにフォーマットすることはできません(USBまたはSDカードの場合のみ)。そこで、サードパーティ製のフォーマットツールを使用する必要があります。

方法 2. AOMEI Partition AssistantでHDDをフォーマット

AOMEI Partition Assistantがこれらを実行できます。NTFS、FAT32、exFAT、Ext2、Ext3、Ext4タイプ間で内蔵または外付けHDDを変更できます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantを起動し、メイン画面でフォーマットしたいパーティションを右クリックして、「パーティションをフォーマット」を選択します。

パーティションをフォーマット

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、ドライブラベルを入力し、パーティションをどの種類のファイルシステムにフォーマットして、「はい」をクリックします。

ファイルシステムにフォーマット

ステップ 3. 「適用」をクリックして、すべての操作を実行します。

適用

まとめ

この記事では、GPTとMBRの違いとWindows 10でGPTにフォーマットする方法について明確に説明します。AOMEI Partition Assistantでデータを削除せずにMBRディスクをGPTディスクに変換できます。必要に応じて、GPTをMBRに変換もできます。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Partition Assistant Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。

この記事が助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。最後までありがとうございます。

Comnena
Comnena・編集者
Comnenaは、パソコンに関わるヘルプドキュメント、基礎知識、リソースなどを書いています。そのほか、バックアップ&復元、クローン、ディスク&パーティションの管理、クラウドファイルの同期などの記事もたくさん持っています。