2024
    • バージョン 10.3.0
      1月29日
      Bitlocker暗号化」を追加:不正アクセスからデータを保護するためにドライブの暗号化(復号化)を提供します。Windows Homeでも使用可能です。
      修正された問題:個々の環境でMBRシステムディスクをクローンするか、MBRディスクからOSを移行した後、ターゲットディスクからパソコンが起動しない場合があります。
      修正された問題:パーティションが正常に作成されないため、「Windows To Go Creator」でWindows起動ディスクを作成することができません。
      「データ復元」を強化:FAT&FAT32でフォーマットされたストレージデバイスから紛失または削除したファイルを復元することができます。また、復元前に7つのファイル形式(avi、mov、mkv、m4v、wav、m4a、docx)を高解像度で表示することができます。
    2023
    • バージョン 10.2.2
      12月21日
      修正された問題:個々の環境で作成されたブータブルメディアから起動する時に、ntoskrnl.exeエラーが発生します。
      修正された問題:個々の環境でGPTディスクは未割り当ての領域として表示されます。
      修正された問題:Windows 11システムでDPIをカスタマイズした後、Partition Assistant画面で一部の文字が表示されません。
    • バージョン 10.2.1
      11月6日
      高DPIデバイスでのPartition Assistantの表示を改善:高解像度に対応し、高解像度ディスプレイとの互換性を向上させます。
      新しい言語を追加:ルーマニア語とスウェーデン語を追加し、今AOMEI Partition Assistantは21の言語をサポートしています。
    • バージョン 10.2.0
      9月14日
      重複ファイルファインダー」を追加:ディスク容量を解放し、パソコンの動きを早くするために、Windows 7以降で重複ファイルを高速に検索、削除することができます。
      修正された問題:ディスク/パーティションのプロパティを開いた後、新しいデバイスの更新がある場合、リフレッシュボタンをクリックすると、プログラムがクラッシュしました。
      修正された問題:一部の環境でPCクリーナーを起動すると、プログラムがクラッシュしました。
      「パーティションをチェック」のいくつかの既知のバグを修正しました。
      一部の環境でプログラムのアクティベーションが失敗する問題を修正しました。
    • バージョン 10.1.0
      7月7日
      UEFIブートマネージャー」を追加:手動でBIOSに入らずに、EFI/UEFI BIOSのブートオプションを簡単かつ迅速に変更、削除、バックアップ、復元、更新することができます。
    • バージョン 10.0.0
      5月11日
      新しいユーザーインターフェースを追加:新バージョンでは、より合理的でモダンで直感的なルック&フィールを実現します。
      追加:USBドライブに複数のパーティションを作成し、各パーティションにドライブレターを割り当てることをサポートします。
      修正された問題:インデックス番号が10より大きいディスク上の失われたまたは削除されたパーティションを復元する際に、プログラムがクラッシュします。
    • バージョン 9.15.0
      3月3日
      パスワードリセット」を追加:ログインせずに、忘れてしまったWindowsのパスワードを削除またはリセットできます。
      データ復元」を追加:HDD、SSD、USBドライブ、SDカードなどのデバイスから、紛失、削除、フォーマットされたデータを素早く復元します。
      修正された問題:WinPEでのパーティションサイズ変更で、個々の環境では80%で止まってしまう。
    • バージョン 9.14.0
      2月3日
      「新しいモードで迅速かつ安全にパーティションをリサイズ/移動できます。」を追加:NTFSパーティションのリサイズ/移動時に、データの保護と安全性を確保します。
      修正された問題:「アプリ引っ越し」のアプリケーション一覧ページで、アプリケーションがない場合に、ヘッダーのセパレーターバーを調整することができません。
      修正された問題:「アプリ引っ越し」において、アプリケーションやフォルダの移動処理を終了させることができません。
      「ダイナミックディスク管理」を強化:GPTディスクをダイナミックからベーシックに変換できるようになります。
      修正された問題:デュアルブートシステムディスクをMBRとGPTの間で変換した後、コンピュータが起動できません。
    2022
    • バージョン 9.13.1
      Dec 29
      修正された問題:個別環境において、プログラムの一部操作でシステム部GUIDを取得できない場合、BCDエラーが発生する不具合を修正しました。
      いくつかの既知のバグを修正しました。
    • バージョン 9.13.0
      12月1日
      修正された問題:一部のWindows 11システムでブータブルメディアの作成に失敗することがあります。
      修正された問題:一部の環境では、作成したブータブルメディアからコンピュータが起動できません。
      修正された問題:PreOSモードでシステムパーティションのサイズリサイズ/移動を行うと、エラーコード13が発生します。
      MBRとGPT間のシステムディスク変換の安定性を最適化しました。
      OS移行、システムディスククローンの安定性を最適化しました。
    • バージョン 9.12.0
      10月28日
      「BitLockerパーティションをリサイズ/移動」を追加:BitLockerで暗号化されたパーティションの認識を改善しました。BitLockerで暗号化されたパーティション(NTFSまたはFAT3)のリサイズ/移動をサポートします。
      修正された問題:一部の環境では、クローンしたシステムディスクやパーティションからWindowsを起動すると、BSoDが発生します。
      修正された問題:AOMEI Partition Assistantを起動するにはオフラインキーが長すぎます。
      修正された問題:一部の環境登録でプログラムがクラッシュします。
    • バージョン 9.10.0
      9月8日
      大容量ファイルを削除」を追加:大容量ファイルを種類別に削除することで、パソコン内の容量を節約できます。
      いくつかの既知のバグを修正しました。
    • バージョン 9.9.0
      8月9日
      PCクリーナー」を追加:コンピュータからあらゆる種類のジャンクファイルを削除し、より多くのスペースを解放し、コンピュータのパフォーマンスを向上させます。
      修正された問題:非表示のパーティションを右クリックして再表示したい場合、テキストには依然として「パーティションを非表示」と表示されます。
    • バージョン 9.8.1
      7月14日
      いくつかの既知のバグを修正しました。
    • バージョン 9.8.0
      5月26日
      「OSをSSDに移行」、「ディスクをローン」、「パーティションをローン」を強化:ホットクローン技術により、作業を続けながら、OS移行、ディスクやパーティションクローンを作成することができます。つまり、クローン作業を行うためにコンピュータを再起動する必要がまりません。
      修正された問題:Standard版のAOMEI Windows 11 Update Checkerツールは、第12世代Intel®CPUを検出できません。
      いくつかの既知のバグを修正しました。
    • バージョン 9.7.0
      4月8日
      「アプリ引っ越し」を強化:ドライブ間のフォルダの移動もできるようになります。例えば、アプリケーションに関連するキャッシュやダウンロードフォルダ、または大きなオーディオやビデオフォルダなどです。
      ディスク速度測定」を追加:シーケンシャルおよびランダムな読み取り/書き込み速度をテストすることで、ディスクのパフォーマンスをすばやく測定し、証明します。
    • バージョン 9.6.1
      2月24日
      「ダイナミックディスク変換器」を最適化:Windows 10/11 Homeに対応します。
      「ディスクデフラグ」を強化:WinPEで動作するようになります。
      修正された問題:「ダイナミックディスク変換器」の登録画面が、一部の環境下で固まることがあります。
      修正された問題:一部の環境で登録中に「ダイナミックディスク変換器」がクラッシュします。
      修正された問題:AOMEI Partition Assistantで表示されるパーティションの使用領域は、Windowsエクスプローラと一致しません。
      修正された問題:「アプリ引っ越し」で一部のアプリケーションを移動させると、BSoDが発生します。
      修正された問題:「アプリ引っ越し」のインターフェーステキストが完全に表示されません。
      修正された問題:「アプリ引っ越し」でアプリケーションを移動中に「閉じる」をクリックすると、プログラムがクラッシュします。
      「ディスク健康状態」を最適化:NVME HDDでより良く動作するようになります。
      修正された問題:「ディスクデフラグ」がバックグラウンドで実行されている場合、AOMEI Partition Assistantのアンインストールに失敗しました。
      その他、いくつかの既知のバグを修正しました。
    2021
    • バージョン 9.6.0
      12月23日
      ディスクデフラグ」のスケジュールを追加:選択したドライブを自動的にデフラグするスケジュールを設定することができます。毎日、毎週、毎月、またはイベントトリガーのスケジュール設定をサポートします。
      「REに統合」を最適化しました。
      NTFSパーティションのリサイズ機能を強化:クラスタサイズが128KB/256K/512KB/1M/2MのNTFSパーティションの移動、縮小、拡張、結合を可能にします。
      「ディスク健康状態」のショートカットを追加:ディスクを右クリックし、ドロップダウンメニューから「ディスク健康状態」を選択することで、ディスクの健康状態を監視することができます。
      修正された問題:OSを別のハードディスクに移行する際に、Windows 11コンピュータがWinPE環境に入ることができません。
      新しい言語を追加:デンマーク語を追加し、今AOMEI Partition Assistantは19の言語をサポートしています。
      修正された問題:MBRシステムディスクをGPTパーティションスタイルに変換する際に、エラーコード104が発生します。
      修正された問題:Ex2/3/4パーティションを作成する際に、エラーコード304と305が発生します。
      修正された問題:「アプリ引っ越し」でBitLockerパーティション上のアプリケーションを別のパーティションに移動する際に、プログラムがクラッシュします。
      修正された問題:Windowsタスクバーが左側にある場合、全画面表示モードでプログラムがフルスクリーンで表示されません。
      修正された問題:英語のOS環境で実行した場合、ロシア語でインストールされたプログラムが文字化けします。
      修正された問題:ブートパーティションと回復パーティションのサイズを変更した後、システムが回復パーティションを正しく認識できません。
    • バージョン 9.5.0
      10月29日
      (健康)SMART」を追加:ハードドライブの属性を確認し、ディスクの健康状態を監視して、ディスクが完全に故障する前にディスクを交換したり、データを移行したりできるようにします。
      「更新を確認」を最適化した:最新バージョンの新機能に関するより具体的な情報と詳細を提供します。
    • バージョン 9.4.1
      9月29日
      Win11更新チェックツール」を追加:Windows 11へ更新するために、お使いのPCはWindows 11のシステム要件を満たすかチェックします。
      ユーザーエクスペリエンスを高めました。
      いくつかのランダム問題を修正しました。
    • バージョン 9.4
      8月5日
      ディスクデフラグ」を追加:ハードディスクパーティションを分析し、断片化されたデータをデフラグして、ディスクのパフォーマンスを最適化します。
      修正された問題:PreOSモードで操作を実行しているときに進行状況がありません。
    • バージョン 9.3
      7月8日
      ポータブル版を作成」を追加:AOMEI Partition Assistantをリムーバブルデバイスにインストールしたら、インストールせずターゲットパソコンで直接実行できます。ITメンテナンスとサポートエンジニアにとって便利です。
      修正された問題:「アプリ引っ越し」機能は一部のアプリのサイズを間違って取得します。
    • バージョン 9.2.1
      5月27日
      追加された機能:「アプリ引っ越し」ツールは、名前またはサイズによる並べ替えをサポートします。
      修正された問題:「アプリ引っ越し」でMicrosft Project/Office/Visioを移行した後、データを失ってしまいます。
      修正された問題:NTFSを作成した後、パーティションにデータをコピーする時に管理者権限が必要です。
    • バージョン 9.2
      4月22日
      Apr 22
      アプリ引っ越し」を追加:選択したドライブのアプリを別ドライブに移行することで空き容量を増やします。
    2020
    • バージョン 9.1
      12月24日
      ディスク番号の表示を改善しました:Windows標準の「ディスクの管理」ツールと同じように、ディスク番号は0から始まります。
      修正された問題:プログラムは、マウントされたLinux起動ディスク上のExt4パーティションを認識できません。
      修正された問題:ボリュームのシリアル番号が変更された後に間違って表示されます。
      修正された問題:GPT起動ディスクのクローン後にターゲットディスクのフラグが間違って表示されます。
      修正された問題:ソフトウェアのインストール時にランタイムエラーが発生しました。
    • バージョン 9.0
      11月18日
      ファイルを破壊」を追加:パソコンから不要なファイルとプライバシーデータを破壊して、復元できないようにします。
    • バージョン 8.10
      9月14日
      起動に影響を与えるいくつかのバグを修正しました。
      ツールバーを最適化した:常用されるツールのみを表示し、より簡潔明瞭になりました。
    • バージョン 8.9
      8月14日
      修正された問題:ディスククローンのせいでシステムが起動できないことがあります。
      インストール画面が改善されます。
      一部のプロンプトテキストを向上させます。
      新しいバージョンにアップグレードする時に以前のライセンス情報を保持しています。
    • バージョン 8.8
      5月6日
      修正された問題:Windowsのインストールファイルの読み込み後、Windows To Go Creatorが異常に表示されること。
      修正された問題:PreOSモードでOSの移行を実行すると、ターゲットシステムが起動できないこと。
      ドイツ語のインターフェーステキストを最適化しました。
      メニューバーに「ディスクを変換」機能を追加:一回クリックで、選択したディスクをMBRスタイルとGPTスタイルの間でデータを失うことなく変換します。
      修正された問題:登録中にプログラムがクラッシュすること。
      修正された問題:GPT USBフラッシュドライブで作成されたWinPEが起動できないこと。
    • バージョン 8.7
      3月25日
      修正された問題:クローン中にシステム情報を更新すると、プログラムがクラッシュすること。
      修正された問題:Windows XPでプログラムを起動するときに、ダイナミックリンクライブラリKERNEL32.dllでエントリポイントGetTickCount64が見つかりませんと表示されること。
      登録プロンプトテキストを最適化しました。
      「再起動モード」に入るプロセスを最適化しました。
    2019
    • バージョン 8.6
      12月20日
      オンライン登録機能の追加:ライセンシーの正当な権利を保護するために、システムはAOMEI Partition Assistantを起動および登録するときにライセンスコードに関する情報を確認します。
      AOMEI Partition AssistantとWindows 10バージョン1903および1909との互換性を改善しました。
      修正済み:システム移行、システムパーティションクローンおよびシステムディスククローン実行中のエラーコード5およびコード11の問題を修正しました
      修正済み:システム移行、システムパーティションクローンおよびシステムディスククローン実行後のシステム起動時の0xc00000eエラーの問題を修正しました。
      修正済み:システムパーティションを複数の小さなパーティションに分割した後、コンピューターが起動しないことを修正しました。
      修正済み:SSDセキュア消去の処理中に操作をキャンセルすると、プログラムが予期せずクラッシュすることを修正しました。
      修正済み:「パーティションをリサイズ/移動」のインターフェイスにプログラムが異常に表示されることを修正しました。
      修正済み:ドライブ文字なしでパーティションを作成できないことを修正しました。
    • バージョン 8.5
      10月31日
      Win To Go機能が最適化されました。
      追加:MacコンピューターでWindows ToGoを作成して、MacでWindowsを起動できることになります。
      いくつかのバグが修正され、テキストが最適化された。
      最適化:Windows 10 1903をサポートできることになります。
    • バージョン 8.4
      8月5日
      より便利な方法でディスク領域を割り当てるために「パーティションをリサイズ」機能のインターフェースを改善しました。
      修正された問題:PE/ネイティブ環境下で操作を実行するなら、ドライブ文字が変わることです。
      修正された問題:一部のインタフェーステキストが異常に表示されることです。
      修正された問題:ハードディスクの消去処理を途中でキャンセルすることができないことです。
    • バージョン 8.3
      7月17日
      タスクリストペインを改善しました。
      再起動中に対話パターンを最適化しました。
      ディスクリストとディスクパネルにHOVER効果が追加しました。
      ディスクとパーティション容量のリング表示が追加しました。
    • バージョン 8.2
      4月30日
      Windows PEまたはネイティブ環境でOSを移行する場合に発生したエラーコード5を修復しました。
      フォーマットでexFATを他のファイルシステムに変更する場合に発生したエラーコード305を修復しました。
      登録後にインタフェースが更新されないためにプログラムがクラッシュしたことを修復しました。
    • バージョン 8.1
      3月7日
      ディスクパーティションを表示するための新しいタイルベースのインタフェースを追加しました。タイル表示をリスト表示に切り替える方法を学びます。 .
      ランダムな問題をいくつか修正しました。
      いくつかの細かいところを改善しました。
    • バージョン 8.0
      1月25日
      新しいユーザーインターフェース:シンプルでモダンなデザインです。簡単な外観とファッション感覚があります。
      修復された問題:PreOSモードで操作を実行する時にプログラムがクラッシュし、またはフリーズします。
      修復された問題:デスクトップのショートカットアイコンが消えます。
    2018
    • バージョン 7.5.1
      11月6日
      AOMEI Partition Assistantのインストールパッケージを改善しました。
      アラビア語とベルギーのオランダ語を追加しました。
    • バージョン 7.5
      10月16日
      インターフェースの一部の文字表示を改善します。
      現在のシステムをUSBメモリに移行し、ターゲットリムーバブルディスクから起動できるよう、Windows To Go CreatorはWindows To USB機能を追加しました。
    • バージョン 7.1
      8月23日
      ハードディスクの消去を改善:セクタにランダムデータを書き込む、DOD 5220.22-M、およびGutmann消去方式を追加しました。
      パーティションの削除を改善:パーティションを削除する時に、セクタにランダムデータを書き込む、DOD 5220.22-M、およびGutmann消去方式を追加しました。
    • バージョン 7.0
      4月24日
      パソコンを自動でWindows PEから再起動して、操作を実行します。
      LinuxのEXT4ファイルシステムに対応します。EXT4パーティションの作成、削除、フォーマット、移動とコピーなどができます。
      修復された問題:1TB以上のデータを搭載したパーティションをセクタ単位でコピーする時にプログラムがフリーズします。
      修復された問題:2TB以上のMBRディスクで「高速分割」を実行し、4Kアライメントを行う時にプログラムはクラッシュします。
      修復された問題:Windows PEでMBRとGPTの相互変換を実行する時にRAMの書き込みができません。
      修復された問題:PreOSモードでシステムパーティションをリサイズまたは移動した後にパソコンが起動できないかまたはブルースクリーンが出ます。
      修復された問題:PreOSモードでOSを他のHDDやSSDに移行した後に起動できません。
      修復された問題:PreOSモードでシステムディスクをGPRからMBRへ(またはMBRからGPTへ)変換した後にパソコンが起動できません。
    2017
    • バージョン 6.6
      11月23日
      exFATファイルシステムに完全対応します。exFATパーティションの作成、削除、フォーマット、移動およびコピーを含めます。
      64ビットシステムで作成されたWindows PEブータブルメディアはUEFIとレガシーBIOS両方のブートモードをサポートします。
      Windows 10 バージョン 1703以降でのシステム(ブート)パーティションの移動とサイズ変更の制限を解除します。
    • バージョン 6.5
      8月21日
      SSDの全消去」ウィザードを追加:最適な性能を得るためにSSDを安全に消去して出荷時状態にリセットします。
      Windows To Go Creatorを強化:現在、WIMファイル内のシステムを選択できます。
      安全のためにWindows 10バージョン1703以降は、WindowsとPreOS環境で制限を追加してブートパーティションをリサイズ/移動します。しかし、Windows PE環境なら制限がありません。
      修正されたバグ:ごく稀な場合、MBRとGPT間の変換中にエラーコード6が発生します。
      修正されたバグ:暗号化されたディスクは初期化されています。
      いくつかのほかの既知のバグを修正します。
    • バージョン 6.3
      4月21日
      REに統合」wウィザードを追加します:AOMEI Partition Assistantおよび/またはAOMEI Backupperを現在のシステムの回復環境に追加できます。
      Windows To Go Creatorを強化します:Windows 7をUSBフラッシュドライブまたはリムーバブルディスクにインストールすることをサポートします。
    2016
    • バージョン 6.1
      12月29日
      フォーマットせずにSDカードおよびUSBフラッシュドライブに2番目のExt2/Ext3パーティションを作成することをサポートします。
      修正された問題:Windows 10 Anniversaryバージョンにドライブはデジタル署名されていません。
    2015
    • バージョン 6.0
      10月16日
      MBRとGPTディスク間の変換を強化した:4つ以上のパーティションを持つGPTディスクをMBRディスクに変換できます。
      MBRとGPTパーティションスタイル間のシステムディスクをクローンできるし、宛先ディスクからシステムが起動できることを保証できます(GPTからMBRへ、MBRからGPTへ、GPTからGPTへ、MBRからMBRへ)。
      Windows PEブータブルディスクが能力をデバイスを認識する能力を強化した:それを作成するときにWindows PEに現在のシステムの既存のハードウェアドライバを自動的に統合できます。
      それを作成するときにWindows PEのブータブルディスクにハードウェアのドライバを追加する手動オプションを追加しました。
      ディスクを右クリックするときに、「高速分割」機能を容易に操作できるように、「高速分割」を選択するオプションを追加しました。
      異常なシャットダウンを回避するために、ディスクを分割する前に、ノートパソコンの充電をチェックする機能を追加しました。
      ランダム問題を修正した:システムは、OSの移行後に起動できなくなります。
      ランダム問題を修正した:PreOSモードでパーティション操作を実行しているときにコード12が表示されました。
      ランダム問題を修正した:ドライブ文字の割り当てるに失敗したときに、コード2が表示されました。
      ランダム問題を修正した:プログラムがシステムの更新で立ち往生しました。
      ディスククローンのランダムな問題を修正しました。
      コマンドプロンプトでパーティション操作を実行するときに、進行状況表示の問題を修正しました。
    • バージョン 5.8
      9月24日
      コマンドラインによるの分割操作を追加した:データを損失することなく、パーティションの移動/リサイズ、作成、削除、フォーマットそれにその他のパーティション操作をサポートしています。
      高速分割」を追加した:特にハードドライブを定期的に分割し、コンピュータの大量の同じパーティションレイアウトを作成するユーザーのために設計しました。
      Windows To Go Creator」を強化した:USBフラッシュドライブやリムーバブルディスクにWindows10をインストールすることをサポートしています。
    • バージョン 5.6.4
      8月12日
      バグを修正した:Windows10のテキストメッセージを表示します。
    • バージョン 5.6.3
      2月10日
      言語を更新した:ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポーランド語、ハンガリー語。
      言語を追加した:トルコ語、オランダ語、それに中国語繁体字。
    • バージョン 5.6.2
      1月22日
      最新のWindows10をサポートします。
      問題を解決した:Macパーティションが未割り当て領域として認識されます。
      問題を解決した:Windows8/8.1を分割した後にAutochkプログラムが使用できなくなりなす。
    2014
    • バージョン 5.6
      11月28日
      OS移行にオプションを一つ追加した:宛先ディスクにシステムを移行することができるようになりました。
      OS移行にオプションを一つ追加した:宛先ディスクのパーティションスタイルをソースディスクのと一致に維持します。
      ランダムなバグを解決した:OS移行を実行した後、宛先ディスクからWindowsを起動することができません。
    • バージョン 5.5.8
      8月08日
      Windows To Go Creatorを強化した:Windows8/8.1 ESDインストール(install.esd)ファイルをサポートします。
      NTFS to FAT32 変換器を改善した:変換する前に、パーティションのエラーをチェックして、修復することができます。
      パーティション結合の安全性を強化した:正常にコピーされたすべてのファイルが成功にコピーされたことを確実するには、マージ中にチェックを行います。
      Windows8を分割する時に「ロードシステム」というランダムな問題を解決しました。
    2013
    • バージョン 5.5
      12月03日
      MBRとGPTスタイルの間でシステム?ディスクを変換します。 [有料]
      SSDにシステムを移行します。また、GPTとMBRディスクをサポートします。 [有料]
      Windows To Go Creator、Windows8 をリムーバブルフラッシュドライブにインストールします。
      AIK/ WAIKをインストールすることなく、Windows PEのブータブルメディアを作成します。
      4096バイトのセクタサイズのハードディスクを完全にサポートします。
      Windows8.1と完全に互換性があります。
      品質を改善していくつかのバグを解決しました。
    • バージョン 5.1
      ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、英語、日本語、中国語などの複数の言語をサポートします。
      Windows8やWindows Server2012/2016をサポートします。
    • バージョン 5.0
      パーティショを整列:パーティションを整列させ、ディスクのパフォーマンスと寿命を向上させます。
      MBRを再構築:MBRを再構築してブートコードを修復または追加します。
      OS移行ウィザード:簡単なウィザードでSSD/ HDDにOSを移行します。
      パーティション回復ウィザード:紛失または削除されたパーティションを簡単に回復します。
      ブータブルCDの作成ウィザード:WinPE 3.0ディスクの環境でディスクパーティションを管理します。
      GPTとMBRの変換:データを失うことなく、MBRディスクにGPTディスクを変換します。その逆もまた然りです。
      Linuxパーティションの管理:Ext2/Ext3パーティションのコピー、回復、作成、削除、フォーマット、消去などを作成します。
      パーティションのタイプIDを変更します。
      シリアル番号を変更します。
    • バージョン 4.0
      空き容量を割り当てます。
      二つのパーティションを結合します。
      1つの大きなパーティションを2つ以上に分割します。
      プライマリパーティションを論理パーティションに変換します。その逆もまた然りです。
      NTFSにFATパーティションを変換します。
      パーティションの移動/リサイズのプロセスをより速く、より安全にするために、アルゴリズムを改善しました。
      USBフラッシュドライブや4TB以下のGPTディスクをサポートします。
      Windows 8の開発者プレビュー版、Windows Home Server 2011それにWindows Small Business Server 2011などと互換性があります。
    • バージョン 3.0
      ディスクのコピー
      パーティションのコピー
      単一のハードディスクの消去
      不良セクターのチェック
    • バージョン 2.5
      デフラグ
      パーティションの消去
    • バージョン 2.1
      完全にWindows Vista 64-ビット、Windows 7 64-ビットそれにWindows Server 2008 64-ビットのオペレーティング?システムをサポートします。
    • バージョン 2.0
      パーティションの再表示/非表示/作成/削除/リサイズ/ラベル化、パーティション拡張、ドライブ文字の変更、アクティブパーティションの設定、エラーのチェック。
    • バージョン 1.0
      ボリュームの縮小
      ボリュームの拡張