windows 10でCドライブをSSDにクローンするフリーソフト

Windows 11/10/8/7/Vista/XPでCドライブをクローンする方法をお探しですか?この記事では、優れたクローンフリーソフトの一つを紹介し、その使い方を紹介する予定です。

Comnena

投稿者:Comnena/更新日:2023年05月15日

この記事を共有: instagram reddit

Windows 10でCドライブをSSDにクローンできますか?

 

パソコンをWindows 7からWindows 10の正式版にアップグレードしました。今、新しいSSDを購入しています。それを起動ディスクとして使い、古いHDDをデータ保存ディスクとして使いたいのです。そこで、その目的を達成するために、Windows 10をHDDからSSDに移行する必要があります。システムとインストールされているすべてのアプリケーションをSSDに手動で再インストールできることは知っています。

しかし、それが最良の方法とは思えません。CドライブをSSDにクローンすることを選ぶことができます。信頼できるクローンソフトウェアをご存知ですか?

- Techspot.comからの質問

多くの場合(例えば、HDDをSSDにアップグレードする場合)、OSをSSDに移行する必要があるかもしれません。最も簡単な方法はサードパーティのSSDクローンソフトウェアを使うことです。CドライブをSSDにクローンすれば、HDDをSSDに移行した後もすべてのデータをそのまま維持することが可能です。

なぜCドライブをSSDにクローンするのですか?

SSDにCドライブクローンを作成する必要がある理由はたくさんあります。主な原因は以下の3つです。

ポータブルWindowsを作成:パソコンのCドライブにプリインストールされているWindowsシステムが動作しなくなった場合、新しいパソコンを購入する必要があります。新しいパソコンを購入する前に、CドライブをポータブルWindows用のSSDにクローンするのもいいかもしれませんね。
OSにSSD、ストレージにHDDを採用:購入したばかりのSSDを起動ドライブとして、古いHDDをデータ保存ドライブとして使用し、より良いパフォーマンスを享受しようと考えているかもしれません。 しかし、OSや必要なアプリケーションをすべて再インストールするのに多くの時間を費やしたくはないでしょう。CドライブをSSDにクローンするのもよいでしょう。
コンピュータを高速化:コンピュータは、多数のキャッシュ、アプリケーション、データなどのために、長時間使用すると性能が著しく低下する傾向があります。CドライブをSSDなどの外付けハードディスクにクローンし、SSDから起動することでパフォーマンスを向上させることもできます。SSDには可動部品がないため、起動時間やデータアクセス時間を短縮できます。

Cドライブをクローンするフリーソフト

CドライブをSSD/HDDにクローンするために、信頼できるクローンソフトウェアが必要です。AOMEI Partition Assistant Standardは最高のクローンソフトとしてお勧めします。このソフトは完全無料なだけでなく、使い方がとても簡単で、初心者にとても向いています。「ディスクの高速クローン」と「セクター単位のクローン」の2つの方法を提供します。前者はハードディスクの使用領域だけをクローンし、後者はハードディスクの全セクタをクローンします。

クローンしたいパソコンが正常に起動しない場合、起動ディスクからHDDをクローンすることもできます。

無料ダウンロードWin 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
★ヒント:
システムディスクをクローンする場合、無料版はMBRからMBRへのクローンのみ可能です。MBRからGPTへ、GPTからMBRへ、GPTからGPTへのクローンを作成する場合、Professional版にアップグレードしてください。
クローンする前に、必要なデータをバックアップしてください。

windows 10でCドライブをSSDにクローンする方法

このパートでは、AOMEI Partition AssistantでCドライブをSSDにクローンする具体的なステップを紹介します。

Cドライブをクローンする前に、SSDをコンピュータに接続する必要があります。セカンドドライブとしてコンピュータにインストールするか、外付けドライブとしてSATA-USBアダプタを介して接続することができます。

ステップ 1. この無料なSSDクローンソフトを起動します。Cドライブを右クリックし、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

手順 2. 「ディスクの高速クローン」を選択します。次に、「次へ」をクリックします。

ディスクの高速クローン

手順 3. 次に、SSDをターゲットディスクとして選択します。「SSDの性能を最適化」オプションをチェックして、「次へ」をクリックします。

SSDの性能を最適化

手順 4. AOMEI Partition Assistantを使用すると、ターゲットディスクのパーティションを編集できます。ここでは「コピー先に合わせる」を選択して「次へ」をクリックします。

コピー先に合わせる

手順 5. Cドライブをクローンする場合に、クローン後にコンピューターを起動する方法についてここで説明します。よく読んだ後、「完了」をクリックします。

コンピューターを起動

手順 6. 最後に、仮想結果をプレビューして、問題がなければ「適用」をクリックしてプロセスを始めます。

適用

プロセスが終了したら、プログラムを終了できます。

補足:OSのみをCドライブからSSDにクローンする方法

もし、OSのみをCドライブからSSDにクローンしたいなら、AOMEI Partition Assistant Professionalの「OSをSSDに移行」機能を利用することができます。手順は以下の通りです。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。左側の「OSをSSDに移行」を選択して「次へ」をクリックしてください。

OSをSSDに移行

手順 2. 移動先SSDの未割り当て領域を選択して、「次へ」をクリックします。

未割り当て領域を選択

手順 3. このウィンドウで、必要に応じてSSDに作成されたばかりのパーティションのサイズを変更できます。「次へ」をクリックしてください。

パーティションのサイズを変更

手順 4. SSDまたはHDDからOSを起動する方法についての注意が表示されます。それを読んで「完了」をクリックします。

OSを起動

手順 5. メインインターフェイスに戻って、「適用」をクリックして、この操作を開始します。

適用

Cドライブクローン後、SSDでPCを起動する方法

以上は、CドライブをSSDにクローンする手順です。ターゲットディスクからコンピュータを起動するには、いくつかの追加手順を実行する必要があります。

手順 1. コンピュータを再起動し、「F2」キー(おそらくDEL、F12などの他のキー)を長押しして、BIOSセットアップにアクセスします。

手順 2. 起動順序を変更し、クローンしたSSDをBIOSの最初の起動ドライブとして設定します。

SSDでPCを起動

手順 3. 変更を保存して、BIOS環境を終了します。これで、SSDからコンピュータを正常に起動できるはずです。

次に、より高速なSSDからWindowsを実行できます。

まとめ

AOMEI Partition Assistant Standardを使用すると、数ステップでCドライブをSSDにクローンできます。包括的なクローンフリーソフトとして、上記の機能以外の他の便利な機能を多く提供します。たとえば、パーティションを削除せずにCドライブを拡張できるため、Cドライブがいっぱいになったことを解決できます。

読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。

Comnena
Comnena・編集者
Comnenaは、パソコンに関わるヘルプドキュメント、基礎知識、リソースなどを書いています。そのほか、バックアップ&復元、クローン、ディスク&パーティションの管理、クラウドファイルの同期などの記事もたくさん持っています。