Installation and Login
Installation and Login

Partition Assistantでディスクをクローンする方法

新しいHDDにアップグレードする時、ディスククローンは特に便利です。この記事では、AOMEI Partition Assistantでディスクをクローンする方法についてご紹介します。

PublicComnena 投稿者:PublicComnena 更新日:2024年05月15日

ディスククローンについて

ディスククローンを作成するのは、ハードディスク全体の内容を別のハードディスクへコピーするということです。残念ながら、Windows 11/10/8.1/8/7でコマンド(Diskcopy、CopyやXcopy)を使用すると、ロッピーディスク全体の内容のみを別のディスクにコピーできます。幸いなことに、AOMEI Partition Assistantのディスククローン機能は如何なるディスクを簡単かつ安全にクローンできます。

ディスククローンを作成するステップバイステップウィザード

★注意:
クローン先のディスク上のすべてのデータが削除されることに注意してください。そのほか、ダイナミックディスク&システムディスクをクローン先のディスクとして指定できません。
ターゲットディスクは、ソースディスクよりも小さくてもいいですが、使用済み容量より大きい必要があります。「セクタ単位のクローン」を選択した場合、ターゲットディスクは、ソースディスクに等しいか、それより大きくなければなりません。
「セクタ単位のクローン」だけは削除されたまたは失われたファイルをコピーします。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロード、インストール、起動し、クローンしたいディスク(ここで、ディスク0を選択)を右クリックし、「ディスクをクローン」を選択します。

無料体験Win 11/10/8.1/8/7
安全かつ高速

ディスクをクローン

ステップ 2. ポップアップウィンドウでクローン先のディスクを選択して「次へ」をクリックします。

クローン先のディスク

ステップ 3. 確認画面でクローン元のディスクとクローン先のディスクを確認します。問題なければ「確認」ボタンをクリックして続行します。

確認

★ヒント:
「設定」をクリックして、ターゲットディスク上のパーティションのサイズを調整することができます。「パーティションのサイズを変更せずクローン」「コピー先に合わせる」「手動で編集する」3つのオプションがあり、調整を終えた後、「保存」をクリックします。
より小さなディスクへクローンする場合、「パーティションのサイズを変更せずクローン」オプションが灰色表示になります。「セクタ単位のクローン」を選択する場合、ターゲットディスク上のパーティションのサイズを調整することができません。
選択したクローン先のドライブがSSDの場合、SSDの読み速度や書き速度を向上させるために、「4Kアライメント」にチェックを入れることができます。

パーティションを編集

ステップ 4. 「適用」をクリックして、「保留中の操作一覧」でディスクのクローン操作をプレビューすることができます。保留中の操作を実行するには、「続行」をクリックしてください。

適用

それは簡単でしょう?ディスククローン作成だけでなく、パーティションクローン作成もできます。 無料でダウンロード してマジックな機能を経験しましょう!